2011年06月01日

福川駅(山口県)

福川(ふくがわ)駅
JR西日本・山陽本線

福川駅

特徴がないのが特徴のような典型的な駅の一つです。山陽本線というかつての大幹線の駅の一つであり、駅は今もそういった歴史の重みを持っていて、最近の新興住宅にできた駅とは大違いです。駅舎は山側にあり、これが、駅舎を背に駅前を眺めた写真です。いかにも山陽地方らしい、温暖で柔らかい風景。ここにも日本の原風景が、さりげなく今に息づいている感じがします。

福川駅

大きな駅ではないので、駅前商店街というほどのものはありませんが、駅前なので店があり、そして駅前集落があります。現在の国道2号は少し奥を通っており、駅付近の小さな道路が旧山陽道。だからここは古くからの町です。他方の海側は、海も近いものの、工業地帯で、観光客が海を見るために降りるような駅ではありません。保存して観光客に見せたいような古くて立派な屋敷があるわけではないからこそ、普段着のそこそこ豊かな日本がある、そんな福川の穏やかな午後でした。

最新投稿記事! 実際の撮影日にかかわらず、トップに掲載中です。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ
ラベル:福川駅 山陽本線
posted by ていぼく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。