2011年07月01日

粟野駅(福井県)

粟野(あわの)駅
JR西日本・小浜線

粟野駅

敦賀から僅か2駅の粟野駅。港を控えた敦賀ですが、周辺の地形は険しく、ここ粟野も山深い駅のイメージです。実際、敦賀半島の付け根を横切る区間にあるため、海は近くありません。この写真が駅前からの風景です。初めてこの駅に降り立った人は、きっと、何と長閑な別天地だろうという印象を持つことでしょう。実際、ハイキングの人なども利用します。しかしこれは、駅が街道から外れた山裾にあるからで、ちょっと行くと、ひばりヶ丘とか桜ヶ丘という大都市近郊のような地名を持つ住宅団地があります。そのあたりの人は、多分あまりこの駅を利用していないのではと想像します。

最新投稿記事! 実際の撮影日にかかわらず、トップに掲載中です。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ
posted by ていぼく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

阿蘇下田城ふれあい温泉駅(熊本県)

阿蘇下田城ふれあい温泉(あそしもだじょうふれあいおんせん)駅
南阿蘇鉄道・高森線

阿蘇下田城ふれあい温泉駅

かつては国鉄高森線の駅で、阿蘇下田という駅名でした。第三セクターとなって、客寄せのため、奇をてらった長い駅名などで目立たせようとしているのでしょうが、個人的にはこんなことをされると降りたくなくなってしまいます。駅舎も城を模した立派なものになっており、ローカル線に不釣り合いな感じがします。けれどもそんな人間の努力と無関係に、駅周辺に広がるこの大阿蘇の自然は、やはり素晴らしく、ホームからのこの眺めは時間が経つのも忘れそうです。

阿蘇下田城ふれあい温泉駅

阿蘇でも南阿蘇は、観光のメインからはずれた農村地帯です。それでも最近は別荘なども増えているそうで、静かなブームを呼んでいるのかもしれません。温泉施設などを作ったりはしているものの、駅周辺ももともとはそうした小さな農村集落で、こんな廃墟も見られました。

最新投稿記事! 実際の撮影日にかかわらず、トップに掲載中です。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ
posted by ていぼく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。