2008年11月18日

梅屋敷駅(奈良県)

梅屋敷(うめやしき)駅
近畿日本鉄道・生駒鋼索線

梅屋敷駅

奈良県の生駒は、奈良県内でも大阪に近く、ベッドタウンとして発展していますが、同時に生駒山が間近に迫り、地形も険しい所です。そのため、生駒聖天へのお参り用にケーブルカーがあり、それが観光客だけでなく通勤通学客も運んでいます。その生駒聖天に最も近い駅は、宝山寺ではなく、実はここ梅屋敷で、宝山寺の一つ上、トンネルを抜けた所にある寂しい停留所です。利用者もまばらですが、この駅から徒歩5分以内には、恐らく20軒あまりの民家があるでしょう。しかし廃屋も結構あって、うすら寂しい所です。あたりの道路は狭く、駅付近には車での乗り入れもできません。

梅屋敷駅

ケーブルカーからも見えますが、下界の奈良盆地の眺めが見事です。こんな眺めのいい所に住むのは悪くないかもしれませんが、その代償として坂道の登り下りが大変なことでしょう。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ
posted by ていぼく at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 近畿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはすんばらしいブログですね。
わたしが旅に求める非日常性が全編にわたって散りばめられています。あるようでなかったテーマでオジチャンは感動しました。
武州荒木なんか特によいですなあ。大都市圏からちいと外れた周縁への視点が秀逸です。
うーーんじつに羨古丹。じゃなくて羨ましい。
Posted by 小舟太郎 at 2009年06月06日 04:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。