2008年06月27日

下庄駅(三重県)

下庄(しものしょう)駅
JR東海・紀勢本線

下庄駅

三重県は本当に不思議な県だと思います。部分的には名古屋と大阪という大都市のベッドタウンに属し、それと関係ない中途半端な所に津という県庁所在都市があります。その津から2駅ほど、亀山寄りに、殆どローカル線といっていい、特急も走らない「紀勢本線」で行くと、この下庄駅に達します。寂しい山峡の無人駅です。とはいえ、県庁の津へも、大都市である四日市や名古屋へも、それほど不便ではないため、人もそれなりに住んでいるようで、列車の発車時刻が近づくと、どこかからか、乗客が集まります。然るに、駅を降りてちょっと歩いてみていきなり目に入ってきたのが、こういう風景。でも、騒々しい所にも、あまりに不便な所にも住みたくない人にとって、このあたりは悪くないかも、と思える、いい感じの田舎でした。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ
posted by ていぼく at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 中部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。先日商用の折、道を間違え、たまたまこの辺境に迷いこみました。私もこのあたりに感じるものがありました。三重は私にとってワンダーな土地です。
Posted by mag at 2013年05月19日 22:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。