2009年12月12日

贄川駅(長野県)

贄川(にえかわ)駅
JR東海・中央本線

贄川駅

島崎藤村の「木曾路はすべて山の中」で知られる木曾路は、今日でも陰影に富んだ山峡地帯だと思います。一部の宿場町は観光化しすぎのきらいはありますが、ともあれ、このあたりを列車で走っていると、この線があの名古屋の大都会につながっているとはにわかに信じられなくなることがあります。ここ贄川は、その木曾11宿の中で一番北の入口にあたり、今は塩尻市に属します。地味で、観光客も少なそうで、駅前の寂しい風情にもそれが感じられます。

贄川駅

駅前は国道が通っていますが、線路の反対側はひたすら山です。秋も深まる頃、盛りを過ぎた紅葉が、間もなく訪れるであろう雪の季節を予感させます。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ
posted by ていぼく at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144950403

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。