2010年06月06日

竜ヶ崎駅(茨城県)

竜ヶ崎(りゅうがさき)駅
関東鉄道・竜ヶ崎線

竜ヶ崎駅

関東鉄道はかつて茨城県内に常磐線の駅を起点とする4路線を有していました。うち2社は分社化したあげく、廃止されてしまいました。しかし最も距離の短いこの竜ヶ崎線は関東鉄道のまま残って今日に至っています。それは、東京に近いことと、竜ヶ崎が大きな町であることによるのでしょう。その竜ヶ崎は古くからの宿場町で、古い町並みは駅から少し離れた所に良く残っているそうです。駅付近もそれなりに開けた町ですが、古くからの商店は、やはりというのか、シャッターを閉じている所が多く、活気は感じられませんが、人の姿はそれなりに見られます。あとは新しいマンションや住宅が結構多く、東京から筑波に至るエリアのベッドタウンとなっているらしいことも感じられます。

竜ヶ崎駅

駅のすぐそばにある小さなお寺、薬師堂です。薬師如来像などもあるそうですが、観光客が来るような感じではなく、周囲も新旧の住宅などに囲まれていて、絵になりにくい感じがします。旧市街地にはこういう寺社がもっと沢山あるようです。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ
posted by ていぼく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。