2011年04月21日

湯本駅(福島県)

湯本(ゆもと)駅
JR東日本・常磐線

湯本駅

常磐線は概して観光色の薄い路線です。ここ湯本は、その中ではいくらか観光地の玄関口の風情を持つ駅です。そのためか、特急も全列車が停車します。しかし、特急列車の到着に合わせて温泉旅館の出迎えの旗が並ぶといった光景はありません。普通に降りると、やはり地方の普通の中規模駅で、地元の日常利用者が中心という感じがします。駅付近から湯本温泉なので、いくらかその風情もありますし、イメージをそれらしくしようという地元の努力も感じることはできました。とはいっても普通の駅前商店街であり、特に観光客が歩いて何かを、というところではありません。

湯本駅

ホームの跨線橋から駅の反対側を見た風景です。改札のあるのが山側で、こちらは海側になるのですが、このあたりは海岸まで結構離れており、間には小高い丘などもあるため、知らずに駅に降り立って両側を見ただけでは、どちらが海側か、見当がつかないかもしれません。駅裏は普通の住宅地のようであり、団地はこの近辺の小名浜などの工業地帯に勤める人が住んでいるのだろうか、なんて想像しました。産業地帯にある地味な温泉観光地という位置づけが微妙に面白い湯本駅です。

最新投稿記事! 実際の撮影日にかかわらず、トップに掲載中です。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ
posted by ていぼく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/210554428

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。