2010年06月06日

竜ヶ崎駅(茨城県)

竜ヶ崎(りゅうがさき)駅
関東鉄道・竜ヶ崎線

竜ヶ崎駅

関東鉄道はかつて茨城県内に常磐線の駅を起点とする4路線を有していました。うち2社は分社化したあげく、廃止されてしまいました。しかし最も距離の短いこの竜ヶ崎線は関東鉄道のまま残って今日に至っています。それは、東京に近いことと、竜ヶ崎が大きな町であることによるのでしょう。その竜ヶ崎は古くからの宿場町で、古い町並みは駅から少し離れた所に良く残っているそうです。駅付近もそれなりに開けた町ですが、古くからの商店は、やはりというのか、シャッターを閉じている所が多く、活気は感じられませんが、人の姿はそれなりに見られます。あとは新しいマンションや住宅が結構多く、東京から筑波に至るエリアのベッドタウンとなっているらしいことも感じられます。

竜ヶ崎駅

駅のすぐそばにある小さなお寺、薬師堂です。薬師如来像などもあるそうですが、観光客が来るような感じではなく、周囲も新旧の住宅などに囲まれていて、絵になりにくい感じがします。旧市街地にはこういう寺社がもっと沢山あるようです。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ
posted by ていぼく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

大鰐温泉駅(青森県)

大鰐温泉(おおわにおんせん)駅
JR東日本・奥羽本線

大鰐温泉駅

昔の駅名はただの大鰐駅でした。私鉄の弘南鉄道も同じ場所にあり、改札内でつながっているのですが、そちらは大鰐駅のままです。客寄せ目的で「温泉」をつけた駅は数多いですが、どれほど効果があるのだろうと思います。行った日と時間のせいかもしれませんが、駅を降りても、温泉地らしい雰囲気はなく、もとより観光客風な人の姿も皆無でした。しかしその代わりに目にしたのが、タイムスリップしたかのような、昔ながらの商店街でした。昔より活気を失っているといえばそうなのでしょうが、何という風情に満ちた通りでしょう。津軽を代表する都市、弘前の隣町で、JRと私鉄が2本も来ているような町だから、もう少し新興住宅地的な味気ない町を予想していたのですが、全く違いました。

大鰐温泉駅

大鰐の町を流れているのは、岩木川の支流、平川です。秋田県境の山々から沢山の水を集め、平野に下りたこのあたり、まだ上流と言っていい場所かと思いますが、そこそこの川幅になっています。護岸工事がなされていて、自然の川の風情はあまりありませんが、川を中心に町が開けてきた様子が感じられました。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ
タグ:大鰐温泉駅
posted by ていぼく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

不二越駅(富山県)

不二越(ふじこし)駅
富山地方鉄道・不二越線

不二越駅

富山から2駅の、市街地に近い所にある駅です。というよりも、不二越線という線名にもなっているほどの駅だから、それなりの由緒ある駅に違いなく、もしかしたら木造の古い駅舎が残っていたりというのを期待していました。しかし残念ながら、駅舎もない単線のホームだけの無人駅でした。しかも駅前は広い通りで、自動車の通行量がかなりあります。その道路の両側は、商店やオフィスビル、そしてマンションや民家が交じる、地方都市の中心部をちょっとはずれた所にありがちな、特に面白味もない景色です。そんな中にあって、遠く見える立山連峰の雄姿が救いでした。もっともそれはここに限ったことではなく、富山平野一円では当たり前の風景だとは思いますが。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ
タグ:不二越 地鉄
posted by ていぼく at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

羽根尾駅(群馬県)

羽根尾(はねお)駅
JR東日本・吾妻線

羽根尾駅

吾妻線の先端部、1971年に延長開業した区間にあります。といっても既に40年近くになり、新線とは到底呼べませんが、高架駅になっているあたりは、戦前からの路線とちょっと違う雰囲気です。駅は大きく、かつて貨物駅の機能も備えていましたが、無人で、駅周辺の集落もご覧の通り、特に町という感じではありません。駅の利用者も少ないようです。周囲は山が迫っており、渋川の方から乗ってくると、だいぶ山奥に入ったなと感じるあたりです。南側は吾妻川で、ちょっとした谷になっていますが、観光客が来るような渓谷美があるわけではありません。

羽根尾駅

昔ながらの民家に交じって、モダンなアパートも見られます。車社会の現代ですから、想像ですが、近くの温泉街などに勤務する人もいるかもしれません。ここは草津温泉に、直線距離では一番近い駅です。普段は車で動き回るけど、たまに東京などへ出る時だけは鉄道を使うという人がいるとすれば、駅も近いし、住むにはいいのかもしれません。これは勝手な想像に過ぎませんが、もし私がこの近辺の観光地に勤務するなら、こういう所は住む場所の候補になるかなと、何となく考えてしまいました。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ
posted by ていぼく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

原木駅(静岡県)

原木(ばらき)駅
伊豆箱根鉄道・駿豆線

原木駅

伊豆半島は、山あり谷ありの険しい地形ですが、このあたり、付け根から中ほどに向かう駿豆線の沿線は、穏やかな感じの農村地帯です。原木駅は昔からの無人駅で、駅前に商店もありません。降りるとこんな感じの静かな路地で、駅の反対側は水田という、適度に長閑なところです。但し、駅前は静かでも、国道沿いに出ればそれなりの交通量です。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ
posted by ていぼく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

飛騨金山駅(岐阜県)

飛騨金山(ひだかなやま)駅
JR東海・高山本線

飛騨金山駅

金山は飛騨街道の宿場町であり、かつて飛騨川の渡しがあった所でもあります。ある程度は交通の要衝という位置づけもあったのでしょう。そう思ってみると、なかなか雰囲気のある町です。飛騨川の両岸に町が開けているようですが、駅から徒歩3分となる左岸は、国道が走る右岸に比べると、町の規模も小さいようでした。

飛騨金山駅

このような小規模な材木屋さんって、昔は結構、東京近郊の住宅地でも見られたような気がしませんか。その町の需要だけを賄えばいいので、昔はこういうのが一つの商売だったのでしょうが、今は段々減っているに違いありません。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ
posted by ていぼく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。